やはり身体の中からって大切

December 19, 2017

11月、12月と香りの健康ライブラリーで開かれた

「中医師から学ぶ、結果が実感できる、アロマセラピー経絡トリートメント」

の2回講座をうけてきました。

講師は中医師の今中健二先生。

難解でディープであろう中医学を

やさしく面白く伝えてくださって

笑い声がたえない講座でした。

 

経絡にとても関心があります。

わたしが施術するリズミカルボディ®は

鍼灸師でもあるマザーズオフィスの宮川明子先生が

経絡と野口整体などの理論をとりいれながら

つくりあげた施術です。

日々、効果を実感しているので

基本的なことをもっと知りたくて…

 

そして第一回目を受講した時に

わたしが慣れしたしんでいる九星気学の考え方と

同じ道筋であることもわかり

興味は深まるばかり…(笑)

 

宮川明子先生の和道の内臓講座、SS(Small Stomach )健康法と

つづけて内臓にアプローチする施術に接し

日々、自身でのセルフ施術でエビデンス取りを実施中ですが…

 

やっぱり胃・脾臓なんだ!

 

 

 

 この地球は

太陽の恵みをもって

その光や熱によって循環システムを

繰り返しています。

 

ヒトもこの地球の一部。

 

地球の循環システムと同じように

天と地の気が合わさったものを

体内に取り入れて排泄する。

 

 

その通り道が五臓六腑。

(ということでいいのかな?)

 

そして

胃は外から入ったものを分解して

必要なものなのか不要なものなのかを

分別する臓器。

脾臓は必要なものを受け取って

必要なところに運んでくれる働きをしてくれます。

 

また

中医学の考え方では

「思う」「考える」

を担当するのは「胃」になります。

 

考えすぎや緊張しすぎで

胃がキリキリした経験は

思い当たるふしもあり。

お腹いっぱいに食べちゃうと

頭が回らなくなっちゃうのも

思い当たるふしあり。

 

身体の外から取り入れたものを

胃に負担なく処理してもらうためには

食べる量を考える必要があります。

 

それは

いつも頭をクリアにして

日々を過ごせることを可能にしてくれます。

 

そして、その胃の状態は

お顔に表れてしまう。

なぜなら

顔の80%を

胃の経絡がとおっているから…

 

わぁ~

私はすぐさまず鏡を見てみたくなりました。

 

経絡を流れているのは

気血津液。

 

ミドルエイジだと

顔の下垂が気になる年ごろ…

その下垂は胃の下垂によるものかもしれません。

 

肌あれや赤みなどがでたとき。

気血津液のとどこおりが

あるかもしれません。

 

自分の体調を管理するのに

お腹に触れてその様子を知って

毎朝、鏡をじっくりみることで

毎日の生活に簡単に取り入れられそうです。

 

そして

顔にアプローチすることは

胃の経絡を整えることにもなります。

 

お顔のお手入れも大事なんだなぁ~♪

 

教えていただいてきた

顔にある胃の経絡を利用して

フェイシャルで胃も整える♡

を施術のなかにも取り入れていきますね~!

 

 

ちなみに…

九星気学で胃を担当するのは二黒土星。

脾臓を担当するのは五黄土星。

「愛」の星です。

今中先生の脾臓がもっとも大切との言葉。

五黄は中宮担当。

やっぱりなのだ♡

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
最新記事
Please reload

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload