梅雨は挿し木の季節。これから育て方学んでいきます。

July 14, 2019

木村正典先生の『植物学×栽培学』〈植物の不思議から考えるやさしい育て方講座〉が

始まりました。

これから月に1度、12月までの6か月で学んでいきます。

 

学ぶ?というより楽しむほうがぴったりかな?

 

今回は植物の持つ毒の役割、雑草の役割から

作物を健康に育てる知恵をおしえていただきました。

 

うすうす気づいていましたが(笑)

 

観賞用植物と食用植物は使う農薬も使う期間も違うということ。

 

ハーブとして植物を利用したいのなら

お花やさんで購入したものは避けた方がよいということも

確認できました。

 

そして実習タイム。

木村先生が持ってきてくださったハーブを

挿し木にしてみました。

 

いままで毎度失敗していたのは何故か分かったのでした(笑)

 

農学は生物学、化学とあらためて実感した瞬間でした。

 

 

 

春に新芽が伸びてきている梅雨は

挿し木にぴったりの季節なのだそうです。

 

根や芽を出す場所をより多く確保するために

冬のうちに育った節の短い間隔のところを

みつけてカット。

 

葉から水分が蒸散しすぎてしまわないように

4分の1ほどカットしました。」

 

エルダーフラワー、チェスツリー、セントジョンズワート

わが家に迎えたかったメンバーばかり。

 

健やかに根が出てきますように…

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

アーカイブ
最新記事
Please reload

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload