​じぶんのからだと仲よしに

​セラピストとおさらい

​女性の日々を楽にする暮らし方

わたしの「いのち」の主人公は「わたし」です。

​ちょっとした心配事……不都合なからだの状態…

躊躇せず医師に相談し診察を受けることが健康を守る基本です。

 

一方で、薬任せ…医師まかせ…よそ様にお任せになっていませんか?

からだの状態をつくるのは、毎日の食べる物、日々の暮らし方の積み重ね。

大人になっても

「からだを育てていく」という視点は必要です。

むしろ、大人になったからこそ揺れる体調の波に応じて

「どう育てて生きていくか?」の対応がとても大切になっていきます。

​アロマセラピストとして学ぶ前は

わたしはじぶんのからだに無頓着でした。

からだの仕組みを理解することは

納得して無理なく暮らし方を切り替えられたチャンスになりました。

一日の流れ、季節の移り変わり、重ねる年令によって

からだは変化していきます。

ご自身が本来もっているおからだの底力を育てていくきっかけとして

​からだについてご一緒に学んでいきませんか?

からだは部分と部分のあつまりとしてではなく

からだ全体、まるごとのつながりでとらえていきましょう。

“そこ”だけに対処するのでなく

"まるごと"ととのえていく。

「じぶんのからだと仲よしに」講座は

​〇 女性ホルモンがつくる"からだとこころ" 

〇 骨盤がささえてくれるもの

〇 からだが本来もっている力を活かす暮らし方

の3つのテーマに分けて

"からだまるごと"をおさらいする内容になっています。​

そして日々の暮らしを楽にする

セルフトリートメント(養生)をお伝えしていきます。

女性ホルモンがつくる"からだとこころ"

女性としてのライフストーリー。

本人の意志のおよばないところ、女性ホルモンによって

からだと心は影響をうけて日々変化していきます。

女性ホルモンの波にのるこつ、セルフケアとして体調の整え方を

お伝えします。

zoom講座になります。​

各講座3000円

全4回ご受講の場合は10000円となります。

女性ホルモンがつくる月経リズム

~月経リズムを活かして暮らそう~

経血のある月経期だけが注目されがち。

ひと月をとおして休みなく分泌続けるホルモンの影響によって

卵胞期、黄体期にからだは大きく変化しています。

月経リズムの特徴を知り活かして​健やかに美しくなりましょう

月経のなやみ 

~からだのととのえ方~

月経にまつわる不快な症状や痛み…​

素人判断せずに医師に相談することはとても大切です。

それだけでなく

症状の仕組みを理解しそれに応じた暮らし方をすることで

日々の生活の負担を軽減していくことができます。

​セルフケアの基本をお伝えします。

更年期で起きること 

~からだをねぎらって感謝して~

いつ来るの?いつ終わるの?だれにも分からない更年期。

からだにどんなことが起こるのかも人それぞれ…

体調の変化はとても気になることなのに

人とシェアするのは気おくれしてしまう更年期の話題。

更年期はだれにでも訪れる一時的な時間です。

​からだにどんな変化が訪れるのか知ることで

不安を解消していきましょう。

閉経であたらしい生き方を

~ヘルシーエイジングでいこう~

嵐のような更年期の時間も過ぎてほっと一息。

からだも心も自由になったように感じられる閉経。

でもこれから始まる人生の第二章を

より充実させ豊かなものにしていくためには

閉経によって変わったからだに応じて暮らし方も変えていく必要があります。

アンチエイジングは自然の流れとは違うもの。

​ヘルシーエイジングで成熟した人生を始めましょう。

骨盤がささえてくれているもの…弾力あるからだになろう

女性としての人生は

意志に関係なく女性ホルモンの波によって

からだも心も影響をうけて日々変化しながら全うされます。

女性ホルモンの波にのって

​体調をととのえていくことをテーマにお伝えしていきます。

骨盤と骨盤底筋群~からだのつながりのなかでのはたらき

骨だけでなく筋肉とのつながりで

頭から足先まで骨盤と骨盤底筋が支えている仕組み。

女性がそなえている身体の仕組み。

骨盤、骨盤底筋にも目をむけて生活ししていくことは

弾力あるからだが健やかな日々につながります。

骨盤だけでなく骨盤底筋は女性が若々しく元気に暮らしていくためには

セルフケアは大切に習慣。​

​いっしょに始めてみませんか?

骨盤の「ゆがみ」「開閉」はどういうこと?~弾力ある骨盤に

からだの真ん中にある骨盤。

上半身と下半身をつなげています。

それだけ?

「骨盤がゆがむ」の?「骨盤は開く」?

骨盤はひと塊としてはたらくのでゆがんだり開いたりはしません。

ゆがんだり、開いたり閉じたり感じるのはどういうことなのか?

ゼロポジションのからだにもどれる弾力あるからだになれるような

セルフケアをお伝えしながら

​骨盤のととのえ方でご自分のおからだを感じていただきます。

からだ本来がもっている力を活かす暮らし方

準備中です

わたしたちは自らを治癒するシステムをからだに作っています。

でもそのシステムを阻害しているのは

便利に発達した文明の機器であったりします。

その恩恵を享受しながら

じぶんのからだのシステムを順調に稼働させるにはどうしたらいいか?

​考えていきます。