​et Hikobae.

アロマテラピーを通してホリスティックな生き方のお手伝いをします
  ​おうちサロン  
 ​Hikobae 

ジャーマンカモミールの畑にいってきました

先日、東松山にある国分牧場さんにあるジャーマンカモミール畑を 訪れてきました。 精油としては、抗炎症作用があり、 とっても頼りになるしっかりものの印象があるジャーマンカモミール。 これほどまでに咲き誇っているジャーマンカモミールに会うことができたのは 初めての経験でした。 あたり一面甘酸っぱくてやわらかな匂いに包まれた世界。 川のそばにある畑なので 河原から吹くさわやかな風も感じます。 力強いアニキのようなジャーマンカモミールが こんなにたおやかでやさしいお花だったとは…♡ うっとりと幸せな気持ちでいっぱいになりました。 ジャーマンカモミールとローマンカモミールの見分け方は おしべとめしべの部分がこんもりと盛り上がっているところ。 じかに触れてみると、その花の姿は 蜂や蝶など虫たちにすべてを差し出しているように 感じます。 そしてこうして元気に育っているジャーマンカモミールは 茎が倒れていても、太陽に向かって枝をのばし 花は空にむかって顔を上げるのだ! と知ることができました。 やっぱりのカモミール。 たくましさと力強さを感じました。 摘み取ったお花はすぐさま乾燥。 乾燥させながらも甘酸っぱい匂いが漂ってきます。 そしてウォッカでチンキにしました。 2日後の今朝の様子。 1日で色が出てきましたが、 アルコールの匂いよりもジャーマンカモミールの甘い匂いが 勝っています。 チンキとして使えるのは1年後。 今からとても楽しみです♡ 初夏の伸びて実りをつけようとする気をたっぷり含んだ カモミール… 精油にたいしての接し方も 変われる経験でした。

薔薇の季節となってしまいました…

前の記事の日付は1月下旬の大雪が降った週でした… それから3か月も経ってしまいました! 大デトックスの春を過ごしていました。 次男のほぼ2か月間の受験期間(引き続き第2ラウンド始まっていますが)と 迎えた高校の卒業式。 長男と同じ学校に通っていたために次男の高校卒業は 通算10年間の私の卒業にも感じていたのでしょうか… 卒業式後ほどなくして ほっとして緊張がゆるんだのか 記憶にないくらい久しぶりに発熱してしまいました。 発熱はデトックスで身体の大掃除…といわれていたり 発熱できるのは身体が緩められているから…といわれたりで 喜んでいたのですが… 高熱が下がらない5日間。 インフルエンザだったのでしょうね… 体力が戻らないうちに、こなさなくてはいけない用もあり 平熱に戻ってからが肝心!の 養生ができませんでした。 のせいか、体調も戻らないまま 数週間後に再度風邪ひきにて発熱。 過信?慢心していたのを反省。 やっと身体にこころを向けることができました。 いまは体調も戻り心機一転! たまっていた諸々のことにも向い やっとブログをつづっている次第です。 ストレスは免疫系統をアタックするというのは ほんとうですね… いつも通りの生活が送れるようになったことで やっと発熱前の状態に気づくことができたようです。 ストレスにもさまざまな状況があると思います。 わたしの場合は「緊張感」でした。 まっただ中にいるときは 本人は緊張しているなんて自覚できないものなのですね… 施術前のカウンセリングで クライアントの方の日々の過ごし方について お話しを聞かせていただきますが ご自分の状態を把握するのは

記事一覧

アーカイブ
タグから検索
No tags yet.