​et Hikobae.

アロマテラピーを通してホリスティックな生き方のお手伝いをします
  ​おうちサロン  
 ​Hikobae 

匂いと記憶

ある匂いを嗅ぐと記憶がぱっと脳裡によみがえる… これを匂いのプルースト効果といいます。 マルセル・プルーストの「失われた時をもとめて」の一節から 呼ばれています。 匂いの脳への伝達経路は 記憶をつかさどる海馬や感情をつかさどる扁桃体 の近くを通ります。 人間は、その匂いのするものが 危険なものなのか、有益なものなのか 忘れないように感情と結びつけて記憶してきました。 そんな経験はありませんか? 予期せぬ匂いに、ふっと忘れていた懐かしい記憶がよみがえり 胸が温かく熱くなる… 先日、花屋の店先にスズランの花束があり 思わず購入してしまいました。 北海道で生まれ育った私にとって スズランは初夏をつげる特別な花です。 近くに住む母にも届けました… スズランを一目見ただけで目を輝かせた母。 すぐに手をのばし、花束を鼻に近づけ胸いっぱい匂いを嗅ぎ… その時の母の表情は、うっとりを超えるほど幸せな表情をしていました… そしてなんどもうなずいていました。 母は脳梗塞のため言葉を失っています。 でも、言葉に出せなくても、母の脳裡に何が浮かんだのか… 想像ができました。 幼いころの両親の笑顔? 青春時代に友達といったスズラン狩り? 家庭をもって自分で活けたスズラン? なにかは分かりませんがきっと楽しく幸せだった思い出につながったはずです。 緩和医療学会でお会いした京都医療センターの畑さんの発表は あらためてアロマテラピーの見えない力を 確信させてくれました。 たくさんの素晴らしいボディワークがあります。 そのなかで精油をもちいたアロマテラピーは 匂いを介することで より受け手の心に響く施術がおこな

緩和ケアとアロマテラピー

友人からの紹介でした。 お話を聞かせていただいたのは 京都医療センター緩和ケア科の畑亜紀子さん。 「アロマテラピーによるプルースト効果を介した記憶想起により苦痛緩和できた症例」 のパネル発表でした。 AEAJではアロマテラピートリートメントの施術の受け手は 健康な人に対してというガイドラインがあります。 高齢者施設でボランティアなどで アロマテラピーとしてのハンドトリートメントをさせていただきますが、 その際にはタッチには十分注意しておこないます。 アロマテラピーは副交感神経を優位にすることにより、 介護の現場でとても有効な手段であるということを アロマセラピストたちは体験をとおして実感しているにもかかわらず 現場でのアロマテラピーへの認知の低さから 高齢者施設へボランティアで出入りさせてもらうことでさえ 難しい現実があります。 反対の立場で考えるとよくわかります。 アロマテラピーに対しての一般的な現状認識では アロマテラピートリートメントは受けることでプラスになる何かがはっきりとしない… 命を預かる現場では慎重になり 手を広げて迎え入れられることは難しいということ。 そして、何より、セラピストの質も問われているのだとも… アロマセラピーにおけるトリートメントは治療行為ではありません。 でもセラピストならだれもが一度は思うこと… 医療従事の資格があればよかったのにという想い。 知識だけでなく資格があれば 可能になることがあるからです。 畑さんは看護師ではなくアロマセラピストです。 キャンサーリボンズのお仕事をしながら 理解ある現場の医師の方からきっかけをもらい 研究の一環として

ホリスティック…

Hikobaeとして何ができるのだろうか… 友人のサポートによる講座の準備、HPの作成など アロマセラピストとしての目指すところを確認する日々を過ごしていました。 そして今日、以前から高校時代の友人に声をかけていただいていた 日本緩和医療学会の学術大会に参加してきました。 緩和医療…認識不足、勉強不足でした。 漠然と「痛みを緩和するために医療」としか認識していませんでした。 ウィキによると 「緩和医療(かんわいりょう、palliative medicine)または緩和ケア (palliative care) とは、生命(人生)を脅かす疾患による問題に直面している患者およびその家族のQOL(Quality of life, 生活・人生の質)を改善するアプローチである。」 と分かりやすく書かれています。 生命を守りながら、患者本人にとって最善のアプローチとはなんであるか… 生命の最前線を見つめ続ける医療従事の現場のお話と取り組みを 学んでくることができました。 補完代替代替療法を利用している患者の現況、 チャプレンシーとしてのケア、音楽療法への取り組み, アドバンスケアプランニングの現状についての口演、 また、エンドオブライフケアに取り組まれている現状についての シンポジウムもうかがうことができました。 緩和医療学会の会員の方々の発表であるから当然のことですが 「その人らしく残された時間を豊かにするには」 をこれほどまでに現場の医師、看護師の方々が取り組まれていることを知ることができ 新鮮な感動の連続でした。 ある医師の方の「人生の終末期」ではなく「人生の完成期」 という言葉が心に

ホリスティックをベースに

アロマテラピーを通してホリスティックな健康について学びました。 ホリスティック(Holistic) とはギリシャ語のホロス(Holos )を語源としています。 「全体」、「関連」、「つながり」、「バランス」などを意味します。 ホリスティック医学協会では 健康を「Body - Mind - Spirit」と「環境」が整った状態であると考えています。 健康とはどういう状態のことをいうのか… Body身体だけでなく、Mind心の二つが両輪となって バランスよく整うことによって可能になるもの。 ということは今や誰にとっても常識になっています。 では、Spiritとは? Mindとどう違うのでしょうか? 私はこのホリスティック医学協会の健康の定義を知ったときに感動を受けました。 Spiritは霊性、魂、精神と訳されますが、 日本語の単語にするとピンとくるものがないように感じます… Mind が思考や考え方など意識的なものだとすると、 Spirit は無意識にもっているその人本来のもの、潜在しているその人らしさ。 かけがえのない存在として、 その人らしく生きていけるのはSpiritがたしかにあるから… でも慌ただしい生活のなかで、Spiritは置いてきぼりになってしまいがち… 「Hikobae」では、BodyとMindだけでなく クライアントの方のSpiritも大事にしていきたいと思います。 Body - Mind - Spirit に響くトリートメントをお届けしたい… ホリスティックなアロマテラピーを芯にしてまいります。

はじめまして

5月24日、自宅にておうちサロン「Hikobae」をオープンいたしました。 ご自身らしさを大切に、ご自身らしく美しく健やかに そしてなによりもご自身の人生の主人公になられるように アロマテラピーを通して世界を広げるお手伝いをしていきたい… アロマテラピーを学び、そして学ぶほどにその想いが強くなりました。 その温めていた夢を後押ししてくれた家族に感謝しています。 おみえいただいたお客さまが心から寛いで笑顔になっていただく空間として これから 「 Hikobae 」 を育てともに成長していきたいと思っています。 ひこばえ(蘖)…をご存じですか? 樹木の切り株の脇や、木の根元から生えてくる若芽のことを“ひこばえ”と呼びます。 春。 桜の木の根元や幹の途中から芽を出し可憐に咲いている花も“ひこばえ”です。 生命のかぎり、芽を出し、枝を伸ばし、花を咲かせる“ひこばえ”。 その生命力は、力強く美しい。 おうちサロン「Hikobae」は、 みなさまの“ひこばえ”と出会い響きあう場所になりたい との願いをこめました。 これからどうぞよろしくお願いいたします。

記事一覧

アーカイブ
タグから検索
No tags yet.