​et Hikobae.

アロマテラピーを通してホリスティックな生き方のお手伝いをします
  ​おうちサロン  
 ​Hikobae 

「自然をなめてはいけない」とは?

以前も記事にしたことのあった「精油の飲用・原液塗布についてのシェア会」。 この会は 精油の誤った使用方法が日本において広まっているのではないか… という現状に 久保田泉先生の発案により セラピスト仲間の小林彩子さんが発起してくださったものでした。 その会がスタートでした。 第二弾として 久保田先生、小林彩子さんが主宰してくださった グリーンフラスコ社の林真一郎先生を講師として 「精油の原液塗布・飲用はほんとに危険?」というセミナーが昨日開かれました。 申し込み開始から半日で満席となったこのセミナー。 関心の高さがうかがえます。 会場は出席者のアロマテラピーを愛する熱量でみちていました。 精油は薬にも毒にもなる。 わたしたちアロマセラピストは 精油の有効性とその危険性について学びます。 でも、ほんとのところはどうなの? どうして危険なのか、どうやって説明すればいいの? 独りよがりなのではないかと 心の底がぐらつく感じがするのも事実… 日本におけるアロマテラピーを 黎明期においては安全な利用方法を立ち上げて ずっと現場で見守っていらした林先生。 薬学としての化学的な見地から どのようなお話しがうかがえるのか とても楽しみに参加してきました。 化学的な視点において 精油のもつ危険性はあきらかです。 それしかありません。 林先生は「リスク」という言葉で 細胞毒性、代謝系、脳への影響を紹介してくださいました。 それにくわえてお話しくださった、 科学の分野では「絶対」は無い。 今この瞬間にも、これまでの常識が 新しく発見される知識によってくつがえされることがある ことを念頭におくことが必要

記事一覧

アーカイブ
タグから検索
No tags yet.