​et Hikobae.

アロマテラピーを通してホリスティックな生き方のお手伝いをします
  ​おうちサロン  
 ​Hikobae 

ハンドトリートメントはどうかしら?

「快」の五感があることも オキシトシン分泌には 大切な条件になってきます。 皮膚感覚で気持ちよさを感じるのは C触覚繊維という神経線維になりますが、 2つ前の記事に書いたように C触覚繊維は毎秒5センチという ゆっくりとした速度で触れられることによって 気持ちよさを感じることになります。 慌ただしくタッチするよりは ゆっくりとしたものが 効果的になります。 そして 皮膚において有毛部分には 感情喚起機能があるとのこと! 手でいえば 手のひらにタッチするよりも 手の甲にタッチしたほうが 相手の感情を動かせるようになります。 また、 有毛部分(手の甲)をさきにタッチすることにより 無毛部分(手のひら)の感覚を鋭敏にする効果もあるとか… …あれあれ? 手の甲 → 手のひら? これはハンドトリートメントの手順通り? ハンドトリートメントというのは 思っていた以上に オキシトシン分泌効果に有効なのね! 11月にひらいた「植物油をもっと知ろう!」 講座でハンドトリートメント体験を していただきました。 初対面の方同士でも和気あいあい♪ 楽しく盛り上がりました! そして、参加者の方々からは 帰宅してから家族に施術してみたというご報告。 ちょっと自己主張が強くなってきたお嬢さんが素直に受けてくれたとか 意外なことにご主人様からの反応がすこぶるよかった(笑)とか… ご家族の笑顔が見えてくるよう… ハンドトリートメントっていいね~♡ というお声を多くいただいてました。 講座に参加してくださった 中嶋慧衣さんが ハンドトリートメントをご家庭でお嬢さまになさったご様子と お嬢さまの手に触れたことで感じ

触れる"こころ"と感じる"こころ"と身体の関係

オキシトシンの研究についてのお話しを伺うと ひとの "こころ" と "からだ" は なんて繊細で複雑で神秘的なのだろう… と感動してしまいます。 アロマトリートメントは 素肌に触れる施術。 セラピストの施術の授業で最初に学んだのは 「皮膚は自己の境界線」 であるということ。 触れられることで初めて 自らの身体の状態、かかえている心に振り返り 気づくことができます。 そして、その気づき自体が トリートメント効果と相乗して 受け手自身の身体を整えることを サポートするといわれています。 現代社会は スマートフォンは身近にあり、仕事はPCで処理。 目からの情報の洪水で脳への刺激が過多になります。 そうすると 自らの身体の感覚がなくなり、 自分の状態に気づかないで過ごしてしまう… ということも起こりがち 皮膚感覚で自分の状態を感じる…ということを 日常の生活のなかで 忘れてしまっているんですよね。 触れられることで 「今、ここ」にいる自分を確認する ことはとても大切。 今回の山口先生からのお話しで 目からうろこ!だったのは 「身心一如」という言葉。 私は 「心身一如」だと思っていました… 心が身体を作っていくのだなぁ~ 心が変われば身体を変わるのだろうな… と、頭で思い込んでいたからでした。 身体を整えれば心が整うというのは 東洋の考え方。 インドではヨガ、中国で禅宗や太極拳になり 日本では「道」として表れています。 まずは身体にはたらきかける。 アロマトリートメントをとおして それを心がけていたのに まだまだでした。 身体に触れるスキンシップは オキシトシン分泌を促し 心を整える…

スキンシップとオキシトシン

いつかは、ぜひ、直接お話しを伺ってみたい! と思っていた桜美林大学の山口創先生のセミナーに参加してきました。 臨床心理学、身体心理学を研究されている山口先生。 セラピストのなかでは 皮膚感覚とオキシトシンの研究で有名な方です。 私は アロマセラピストの道を歩み始めていたとき 山口先生の『手の治癒力』に出会い 優しく、力強く背中を押してもらったように感じていました。 アロマトリートメントは「匂い」が身体にはたらきかける力、 化学的な側面での精油の効能、植物油の効能の力を かりた施術になります。 でも、それだけではないのです… 肌に柔らかく、ゆっくりとアプローチするトリートメント… これもまた オキシトシンの分泌による効果として Body, Mind, Spirit を整えていく 大きな力になっているのです。 なぜなら、このオキシトシン。 1秒間に5センチ(3~10センチ)の速さという ゆっくりとしたマッサージを受けると もっとも 副交感神経も優位になり、 より多く分泌されるとわかっています。 ボディワークはどれも優れた効果があります。 経絡やツボへのアプローチ、骨格へのアプローチ、 筋肉へのアプローチ、内臓へのアプローチ、リンパへのアプローチ… ただ 満足感、リラックス、ときには癒しなどの こころへのアプローチとして 受け手が実感として感じられるものは?という点で オキシトシンが確実に分泌されるということから 皮膚に直接ゆっくりとしたトリートメントをおこなう アロマトリートメントは とても有効ということになります。 そのオキシトシンというホルモンが どんな働きをするのか?なので

「暮らしのなかのアロマテラピー」始めます

始めます… というタイトルなのですが… まずはご報告。 昨日 9月、10月、11月と月に一度のペースで 3回シリーズでテーマを変えて開いてきた 「暮らしのなかのアロマテラピー」 を無事に終了することができました。 最後の昨日のテーマは 「植物油を使いこなそう」 植物油に含まれている脂肪酸の性質によって 植物油の特質も変わります。 植物油の効能、浸透性、粘性などを知ることで 目的によって使い分けることができるように なります。 そしてなにより 使ってわかる植物油のもつ ミラクルでありがたい力。 各回、 「匂い」、「精油」、「植物油」と 3方向からアロマテラピーについて 紹介してきました。 どれも 私の生活に欠かせないもの。 なにより、私の生活を支えてくれている 心強い味方。 今回の3回シリーズ講座は終了してしまいましたが やっぱり このアロマテラピーをより多くの方に 知っていただき広めたい… とふつふつ想いがまた湧いてきました。 今回で終わらせずにライフワークとして 誰でも 易しく、安心してアロマテラピーを始められる講座を 続けていきたいと思いました。 まずは最初の一歩。 形や内容は変わっていくと思いますが 「暮らしのなかのアロマテラピー」講座、始めます! 講座いろいろ にご紹介しています。 こんな気持ちにしてくださったのは 講座を開くまでご指導ふくめ支えてくださった きりん の黒木美紀さん、中嶋慧衣さん、 そして ご参加くださった皆様のおかげです。 深く感謝しています… ありがとうございます!

記事一覧

アーカイブ
タグから検索
No tags yet.