​et Hikobae.

アロマテラピーを通してホリスティックな生き方のお手伝いをします
  ​おうちサロン  
 ​Hikobae 

バッチレメディのお茶会はたのしい

ホリスティックヘルス塾インストラクター仲間の 山田智子さんは薬剤師でありバッチフラワーレメディのプラクティショナー。 私自身のこころの問題の解消のために 9月からお世話になっています。 ことを難しくしてしまっている 自分のなかにある「種」。 セラピーを受けて 考え方のクセに気づいていなかったことを 見せられて ぐりぐり胸が痛んだり、じんと癒されたり… 先日はお茶会として ボトル作成会に参加しました。 参加者の「いま」に立ち会って お互いをシェアすることで 他の方の「いま」が私の中にもあることに 気づいたりもして… 解消方法のアプローチも 参加者の数だけ学べます。 うん、みんなおなじだよね… とつながれることもうれしい。 ここ数日 わたしの考え方にも あらたな変化が出てきました。 自分を苦しくさせていること 家族を苦しくさせていること その原因はわたしだったこと。 に、ようやく気付くことができています。 クセから抜け出すのには時間もかかりそうだけど バッチレメディの力もかりていけば 違う視点が身につけそうな予感… バッチさん、ありがたいです… 植物療法にはいろいろあります。 穏やかで身体にとてもやさしくて いつのまにか こころに効いてくるバッチレメディ。 不思議だけど その恵みをしばらく楽しんでいきたいと 思っています。 参加者の嬉しい変化も気になります。 次回のお茶会&ボトル作成会がとても楽しみです。

原点回帰…

アロマテラピーは 嗅覚を介しての賦活作用、 触れていくという施術を通しての心のケアなど 暮らしのなかで私たちの助けになってくれる。 アロマテラピーに期待できることを 分かってもらえるのを待っているだけでなく 必要とされる人へ こちらから届ける場を作っていきたい。 それがアロマテラピーのボランティアに 参加していきたいと思ったきっかけでした。 (だと思っていました) そう考えていたわたしを支えてくれている仲間、 お世話くださった練馬福祉協議会スタッフのお力で 今日初めてその一歩を踏み出せました。 ご紹介いただいた施設では アロマテラピーを利用してのボランティアは初めてだったので どのようなことができるのかご説明する機会を 作っていただいたのは先月。 担当者の方は 香りを楽しむハンドトリートメントを 起きて生活することが困難な方へのアクティビティとして ご検討くださいました。 単調な毎日のなかで 楽しく思える時間を作ってさしあげたい という担当者の方の温かい思い。 私がそれを形にしてご提供できるか 身も引き締まる思いで向かいました。 ご本人が選ぶ楽しみを感じていただけるように 親しみやすくご記憶にあるような 高知ユズ、北海道和薄荷、青森ヒバを準備しましたが… 何よりも大切なのは ご本人に受け入れていただけるか 触れさせてもらうことを楽しんでいただけるか ご本人のお気持ちに沿うことが「いま」できるか ということでした。 初めてお会いする方の 日常のお時間のなかにお邪魔させていただき 触れるのを許していただいたこと。 それがなによりもありがたく感じる時間。 こちらからお届けするというよ

記事一覧

アーカイブ
タグから検索
No tags yet.